チョコタン(チワワ)について

チョコタン(チワワ)について

チワワはテレビコマーシャルで人気になった超小型の犬種です。人気の秘訣は、その多彩な毛色もあります。中でも、凄く注目されているのが「チョコタン」のカラーです。これは「チョコレート」と「タン」の2色です。凜々しさもあって甘い香りもあるから、魅力的なのです。
 
チワワは小型犬ですからペットとしても飼育がしやすいですね。ペット飼育可能なマンションでも、大きさに規定があったりします。そんな場合でもチワワならば問題もありません。毛色のバリエーションも豊富です。
 
では、チワワのチョコタンはどういった特徴があって、どんな性格なのかを説明してゆきたいと思います。
 

チワワ(チョコタン)の性格

 
チョコタンの色だから、特に他のチワワと違う性格というとはありません。ブードルなんかは、毛色によって性格の違いがあると言われています。チワワは、パッと見は小さい犬種ですから、「ヤワ」に見えるでしょう。ですが、しっかりした体格ですよ。骨太で頑丈なチワワが多いです。
 
これも個体差がありますが、勇敢な性格をしています。飼い主にはとっても忠実で、主人を守るためには大型犬にも立ち向かいます。そんな面もありますが、甘えん坊な側面もあります。自分に注目してもらいたいから、いろいろな演技をして独り占めしてもらおうとするシーンも多々見られます。
 
好奇心は旺盛な方ですから、散歩をしている場合には、頑固な面を見せて飼い主を困らせることもあるかもしれないです。
 
 

チワワ(チョコタン)の毛色の特徴

 
チワワは単色の個体よりもバリエーションは多く、15種類はあると言われています。色は2種類から3種類の組み合わせが一般的です。チョコタンは「チョコレート色」と「タン」を持つ構成です。タンは白系とかクリーム色です。
 
では、チョコレート色とタンについて、少し掘り下げて説明をしておきましょう。
 
  • チョコレート色
チワワの写真を見ると一目瞭然ですが、「ブラック」と「チョコレート」の色の雰囲気はかなり異なって見えます。淡い感じの褐色はチョコレートが持っている甘さや苦さなどの美味しい色を彷彿させてくれます。
 
では、もともとチワワの色は何色だったのでしょうか?
チワワが誕生したのは、9世紀のメキシコであると言われています。この時代のチワワの毛色は「レッド」や「ブルー」で短い毛だったようです。レッドと言うと赤をイメージしますが、今の「フォーン」とか「茶褐色」の色と考えるといいでしょう。
 
その後、この色レッドを元にしてチョコレート色が作られたようです。その時代のメキシコには、すでにチョコレートのお菓子が存在していました。
 
 
  • タン
一般的にはチョコホワイトの色ですが、チワワの色を表現する場合には「タン」と呼称するのが普通です。ホワイト系の意味があるのですが、「タン」が浮き出てくる箇所が決まっているケースは「模様」としての意味合いもあります。その場合も「ホワイト」でなく「タン」と表現されるのが慣例です。
 
「チョコタン」で頻繁に見かけるのは目の上にある「タン」でしょう。チョコレートは全体的にダークな色目をしています。「タン」があれば、しっかりとコントラストがつきます。とってもめだって、まるで眉毛のよう。キリリと浮きでてカワイイ表情になるのです。
 
眉毛以外で「タン」が確認されている場所は、「口の周辺」「胸の前の部分」「シッポの下側の側面」「足先」などがあります。「タン」のホワイト系の色は、少しブラウンがかった色の場合があります。その場合は「チョコタン」ではなくて、「チョコクリーム」という毛色になります。
 
さらに、三色構成のバリエーションもあります。「タン」が浮き出ている場所以外にもホワイト系の色が認められる場合があります。そのケースは「チョコタン」ではなくて「チョコタン&ホワイト」と呼ばれます。限定して、こだわりの毛色があるならば、カラーの表現を理解しておく必要があります。
 
 

チワワのチョコタンのお値段はどれくらいの相場でしょうか?

 
目安ですが15万円から25万円が平均的な金額です。ペットショップで探すと早く見つかるでしょう。ブリーダーでは、希望通りのチョコタンが出るまでは、少し時間が必要になります。
 
いかがでしたでしょうか?チョコタンは色素が少し薄くて弱々しい印象があります。しかしながら、「タン」がプラスされると眉毛の部分が凜々しく見えます。とてもスタイリッシュなチワワになるから人気なのです。特にロングコートチワワ(長毛)の場合は部分的なカラーが入っていって最高に格好いいですよ。

チワワブリーダー チョコタン